田淵行男賞受賞作品「BAT TRIP」

「 BAT TRIP 」
第3回 田淵行男賞 受賞作品(20枚組)

自然は球体である。
それは地球が球体であることに由来するのか定かではないが、そこに暮らす我々人間も球体である。球体であるから光と陰が出来る。昼と夜がある。表と裏、前と後ろ、上も下もある。
私がコウモリのことを知ったのは、もう10年以上も前になる。私が言う「知った」は、「何も知らないということを思い知った」ということである。コウモリもれっきとした野生動物のはずで、むしろ日本の陸上哺乳類の中で最多種類数を誇るのがコウモリ類であるにも関わらず、私は何も知らなかったのである。
実際にコウモリを調べてみてまず初めに分かったのは、彼らは実にアンダーグラウンドな動物であるということだ。光と陰なら陰、昼と夜なら夜、表と裏なら裏、前と後ろならば間違いなく後ろであった。さらに彼らは自然界の死角や盲点という人間の弱点を突いてくるかのような生活スタイルを持っていた。その為にコウモリは我々の考え得る生態系という名の自然界評価基準から外されかけていた。存在を知られなければ、いないも同じである。これではイカン。自然界に知らなくて良いことなど無いはずだ。これはイカン。誰かが調べなくてはならんのだ。誰がやる。誰もいない。じゃあ私がやるよ。という流れであったように思う。今となってはそんなことはどうでも良いことだ。
私は自然界に魅力の無い生物などいないと頑なに信じている。ご多分に漏れずコウモリもそうで、非常に魅力溢れる生物であった。特に、謎に満ちているというのが良い。今まで分からなかったことが分かった、という至極単純な「知の喜び」には、人間の麻薬的常習性が遺憾なく発揮されるものである。私もそんな快楽に身を投じ、ただただ堕落してきただけかもしれない。そうだ、気持ち良さに溺れただけだ。
そんなことを反省している暇はない。私には堕落したお陰で見えてきたものがある。自然界における球体の陰、裏、後ろや下が見えてきたのである。これらは、安易な先入観や凝り固まった偏見という呪縛から私を解放してくれた。自然界の神秘性と無限の奥深さを教えてくれた。この世に見かけ通りのものなんて無い、球体とはそうゆうことだと分からせてくれた。
それを私に教えてくれたのはコウモリなのだが、肝心のコウモリのことは未だに謎だらけのままだ。これでは私の旅は終われない。自然界の裏の裏を知り尽くすまで、私の旅は終われない。いや、終わりは、この旅に終わりはない。

中島宏章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です